認知症になっても  ”あなた”らしく  ”わたし”らしく


グループホーム よもぎ埜


"専門的なケ環境"があれば たとえ認知症になっても大丈夫です!


くらし

よもぎ埜の ”くらし”は、

皆さんがずーっと紡いで来た生活そのものです。

新聞を読んだり、家事をしたり、畑仕事をしたり、

柔らかな日差しを浴びながらお茶を飲んだり、友とベンチでゆっくり語らったり...

 

そんな穏やかな日常が、ここには在ります。


ささえ

よもぎ埜のスタッフは全員、

認知症ケアのプロフェッショナルとして、

出しゃばることなく黒子役に徹します。

 

ご本人がご自身の力で人生を紡げるように

じっくりと、そしてさりげなく支えています。


いきる

その人の人生を生きる権利は、その人にしかありません。

たとえ病になったとしても、

最期までその人らしく生き抜けるようにサポートしています。

 

”記憶”ではなく”気持ち”に染み渡る。

そんなかけがえのない日常が、ここには在ります。


認知症対応型共同生活介護(事業所番号:0495200321)

グループホームよもぎ埜

住所:〒983-0836 宮城県仙台市宮城野区幸町2-9-8

電話:022-792-4649

FAX:022-792-4648

Mail:yomogino@aquavit-f.co.jp

 

担当:小野寺 潤(管理者)



私が大学で心理学を学んでいたころ、

母は全国で2番目となるグループホームを立ち上げ、

認知症の方の「くらし」を支えることに

毎日夜遅くまで必死に取り組んでいました。

 

そんな日々の中で母は私に、

「人」として生き抜くことの大切さと

認知症の方への向き合い方をたくさん教えてくれました。

 

私たちはその後、

自分たちの理想を実現するため一緒に会社を設立し、

平成20年7月に「グループホームよもぎ埜」を立ち上げました。

 

認知症になっても安心して頂けるように、

認知症になったからこそと思って頂けるように、

私たちみんなで支えていきたいと思います。